2011年12月03日

なんと



ボーズマンでの生活もなんと残り2週間となりました。
早いような長いような早いような....
日本に帰るという実感があまりないこの頃です!


帰国が近づくということは
この秋学期も終わりに近づくということで...
期末テストが待っています!
今日学校新聞を見たら'Welcome to dead week'と書いてありました(笑)


冬の到来が例年より遅いらしく
寒さも雪もそこそこです。
そんな中レストランや家はクリスマスのデコレーションが始まり
お店ではクリスマスグッズがたくさん売られています
グッズだけを見てもなんだかわくわくします♪


11月はホストバディと一緒に中華料理やさんで食事をしました!
おばあちゃん、おじいちゃんと孫一人。
人懐っこい7歳の女の子は妹みたいでとってもかわいかったですっ

010.JPG



ちょっと前にコンチェルトの大会に出場しました。
MSUで知り合った日本人のバイオリンを弾く方の伴奏として
バイオリンとピアノで出ました。
パガニーニのバイオリンコンチェルト第4章を演奏しました。
なんと優勝しました!
2人の勉強の合間をぬいながら2ヵ月間たくさん練習した結果だったので
とっても嬉しかったです。
本当に貴重な経験をさせてもらいました。

388735_10150367344400989_716945988_8439602_1957411253_n.jpg


11月はThanks givingという5日間の休みがありました。
11月24日がthanks giving dayで自分の周りにいる全ての人に感謝する日です。
よく映画であるようにターキーを食べます。
私は知り合いの友達の家にお邪魔して
Thanks giving dinnerを食べました!


006.JPG


とってもおいしかったです^^



その次の日にはBlack Fridayと言われている
アメリカ中の大セールがあり、
アメリカが黒字になるショッピングの日があります。
私もちょこっとお買いものに行って
店内全商品40%オフ!とか2個買ったら1個無料とか
見てるだけでも楽しい1日を過ごしました。




ボーズマンの澄んだ空気、人の温かさ、安全性、学生の自立してる姿や勉強してる姿、
ゆっくり流れる時間、学生で成り立つ街の雰囲気、スポーツに溢れてる様子、
他にもたくさん、
気づいたらモンタナ州のボーズマンならではの特徴が、居心地よく、好きになっていました。
きっと帰ったらボーズマンが恋しくなるんだろうなあとか思いながら
残りの1日を1日を大切にして過ごしたいと思います。










posted by 日大国際留学生 at 09:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。